協力業者様専用窓口
ここでクリア
北九州の不動産 管理・売買・賃貸の住宅流通管理センター >> 売却サポート>>
不動産管理 売却サポート 売買物件情報 賃貸物件情報

売却サポート

ここでクリア

あなたが初めて大切な家の売却を・・・ midashi
不動産売却 7つのステップ phot

お客様のご相談を丁寧にお聞きするため、当社では予約制となっています。まずはお電話でご連絡ください。 十分なお時間を設け、大切な財産を売却するうえでのご要望をお伺いし、最適なプランをご提案させていただきます。 また法律や税金・諸経費についてもご説明いたします。 すぐに売却する場合でない方も、また不動産の価値を知っておきたいという方もお気軽にご相談ください。

■ ご準備していただくもの
※物件に関する資料をご用意ください。スムーズかつ具体的な打合せにつながります。
 □登記事項証明書(権利書)    □固定資産税納税通知書
 □建築確認書           □購入時の資料           等

当社の売買担当スタッフがご訪問し、お客様所有の不動産を丁寧に調査・査定させていただきます。地元北九州を知り尽くした当社スタッフによる周辺調査と、過去の取引事例データ等を基に価格を導き出し、「不動産査定報告書」を作成します。調査・査定に費用はかかりませんのでお気軽にご相談ください。
査定価格からお客様の希望条件を加味して最終的な販売価格を決定します。この販売価格から諸費用を引いた手取り額等、お客様の売却計画における重要点を誤解のないようご説明させていただきます。
お客様が当社に販売仲介業務を依頼する媒介契約の締結をお願いします。媒介契約締結後、販売活動を開始します。当社では、インターネットへの掲載や不動産指定流通機構(西日本レインズ)への登録、協力業者への情報開示、およびチラシの作成・配布等、様々な手法でスピーディーな売却を目指します。
購入希望者から提出される「購入申込書」の条件と、お客様のご希望と合致しましたらご契約となります。不動産売買契約は、「不動産売買契約書」を用いて締結されます。売買契約書は、取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全・確実な売買の成立を目的とするものです。売主・買主の双方が署名捺印し、買主が手付金を支払って契約が成立します。
売買契約締結から決済までは、購入者のローン等により1ヶ月前後時間を要します。 その間、お客様には決済のための準備をしていただきます。
例: □転 居     □家財処分     □建物解体
   □境界明示    □住所変更     □抵当権抹消(決済時でも可)
決済は基本的に金融機関で行います。残代金を受領し、物件のお引き渡しをします。抵当権が付いている場合は事前に抹消手続を行います。物件を買主様へ引き渡し、残代金(売却代金-手付金)を受け取ります。また、媒介契約に基づく仲介手数料もこの時点でお支払いください。この決済日をもって所有権が売主様から買主様へと移転します。

■ 必要なもの
 □登記事項証明書(権利書)     □身分証明書       □実印
 □印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)   □仲介手数料       □住民票

不動産の売却 Q&A midashi
いくらで売れるか知りたいのですが・・・
弊社は査定無料、調査費用もいただきません。
秘密も厳守しますのでご安心ください。
相続した不動産の売却を検討しています。通常の売却手続きと異なる点は何ですか?
相続登記はお済ですか?
登記名義人が被相続人(亡くなられた方)の名義の場合、遺産分割協議書を作成し、相続登記が必要になります。
詳しくは弊社までご相談ください。
権利書(登記識別情報通知)を紛失しました。 売却は可能でしょうか?
権利書(登記識別情報通知)は紛失しても再発行ができず、他人の手に渡る可能性もありますので、大切に保管する必要があります。しかし紛失しても売却は可能です。方法としては『事前通知制度』の利用、または『本人確認情報』の作成があります。詳しくは弊社までご相談ください。
秘密も厳守しますのでご安心ください。
自分が住んでいる家を売りたいのですが?
もちろん可能です。ただし、内覧希望のお客様をご案内する場合など、
売却へ向けてご協力していただくことがありますのでご了解ください。
売却前のリフォームは必須ですか?
必須ではありませんがリフォームをしていただくと成約率は飛躍的に伸びます。
リフォーム業者のご紹介もさせていただきます。
ローンが残った不動産売却したいと思います。売却できますか?
ローン残高や不動産の内容で大きく異なります。場合によってはすぐには売却できないケースも多くあります。
詳しいお話をお聞きする必要がありますのでまずはご相談ください。
もちろん秘密厳守いたします。
売却は複数の不動産業者にお願いしたほうがいいでしょうか?
信頼できる不動産業者をご存知であればそちらに専任したほうがよいかと思います。もしご存知でなければ、お知り合いの方にも相談されるのもひとつの方法。きっといい業者を紹介していただけるはず。
一方、複数の業者に依頼する方法もありますが、依頼するお客様もたいへんですよね。同じことを説明し、同じような質問をされる訳ですから・・・。またインターネット環境が整った今日では、たくさんの業者にお願いしなくても十分に情報発信できますよ。
賃貸中の物件は売れますか?
もちろん賃貸中の物件でも売却は可能です。家賃収入がある訳ですから投資物件として買っていただく方法がひとつ。
売却価格は投資利回りで算出するのが一般的。しかしいちばんのオススメは、借りていただいている方に買っていただく方法。
もちろん売買契約書を作成し、あとで問題が起こらないようにきちんとした手続きが必要です。
売却するか賃貸にするか悩んでいます。どちらがいいですか?
お客様のご意思を第一優先したうえでご提案させていただきます。
まずは思いの丈をわたしたちにぶつけてみてください。
お問い合わせはこちらから

ここでクリア
ここでクリア
JPMC 一括借り上げ 旭化成不動産情報ネットワーク